<UR団地集約>

UR館ケ丘団地では<団地再生集約事業>が実施中です。対象地区の住民から多くの不満や希望が出ています。

<優越的地位の濫用>



小生は長年の経験から、昨年12月18日の説明会で示された時から主張しています。


*<一時使用賃貸借契約への切り替えと覚書の交換>は、転居先住居が確定した時に交換すれば良いのでは


* 1年ごとに自動更新してきた契約を、<一時使用契約>に切り替えるのは<居住権放棄>を、促す行為ではないか・・


無知の住民を相手に丁寧な説明もしないで・契約変更行為は<優越的地位の濫用>に当たるのではないか・・


最近<一時使用契約>に切り替えた住民たちは<印鑑>持参で機械的にサインしただけ・随分乱暴な商行為と憤慨しています。


先日八王子の法律事務所で所属の弁護士と協議しましたが、明らかに法律違反で問題行為と回答がありました。


直後に市会議員他が国会でURの担当者と面談したが、前二者たちと同様<国の基準>で、残念ながら不発・・


現地を熟知している住民を同席させていただかないと壁は崩れない・・


弁護士を交えて・・法律に抵触しているのでは・・で交渉しないと話が進みそうもないとの結論・・


<夏まつり>も終わり・・そろそろ本腰で勝負の時期に来たようだ・・


1街区で耐震工事をした時に何故検査漏れしたのか気になる2街区の高層棟の耐震問題?・・補強で済めば良いが・・地盤は大丈夫なのか?


他にも2街区高層棟~ 3街区~1街区の一部の住棟の地盤は・・心配の種が尽きない・・


八王子市から指定された<避難場所>は、本当に安全なのか? ニュースでもよく聞くが <避難しない>が正解だったり・・