<UR団地集約>

UR館ケ丘団地では<団地再生集約事業>が実施中です。対象地区の住民から多くの不満や希望が出ています。

<高台には引っ越せない>


小生が4月11日に<犠牲者が出た>で投稿した。


<自治会だより第28号>の1面で<団地での孤独死を防ぐために>・・


高齢化率50%を超えその内<後期高齢単独所帯>が50%・・


現在進行中の<団地集約>で、バス停至近でフラットな地形の4街区から多数の住民が、バス停から距離がある高台の地区に引っ越してくる。


やっと歩いている方々が<高台の住戸>に転居したら日々の外出にも支障をきたす・・


バス停に出てくるのに・・健常者なら7~8分の住民でも・<後期高齢者や障碍者>の中には、下って来るのに30分・・登りは休み休み60分・・
天候の悪い時は<タクシー利用>で費用がかかる・・


昨日URの職員数名が、移転先募集他の説明に来たが・・交通手段の説明では的外れの説明・・スーパーや商店街の意向もつかんでいない


当然URの責任で補助手段(新しい交通手段)を構築しないと・・引きこもりによる<孤独死>の心配が増す・・
今一理解できないようだが・・<孤独死団地>と揶揄されないように至急考慮実施してもらいたいたいと考えています


<ごみ屋敷?の住民>ボランティアの方々の手伝いで解決してもすぐに繰り返す人~ 体調が不良でかたずけられない人・・ 機能の衰えで自身で判断できない人・・
ゴミ類を確認できない人・・が増えています。


若い職員たちは、すべて健常者・当人たちは平気な坂道が、障碍者たちには<地獄坂>です。


<やっと歩いている人の体験・・>
小生が若い職員たちに<50キロくらいの荷物>を背負って歩いてみろ・・
大半が10mくらいでギブアップするはずです・・
30キロに減量しても高台まで一息に登れる人は皆無だと思います・・


<団地集約で対象住民から出ている意見・要望の一部>
 <バスが不便になる>
* バス停から遠くなります。  年寄りばかリ大勢いるので移動するのは大変なことです。
* 交通機関(バス)の利便が悪くなることに不満を持っている。
* 高尾駅近くの複数の医院に通っていますので、バス停から遠くなると通えません。


* 送迎の車でもを出してもらわないと困ります。
* 足腰が悪く、バス停まで何とか歩いていますが、指定された住居は、バス停から遠いので引っ越せない。
* 日常の買い物に、4街区からバスで、往復していますので、バス停から遠いところには住めません。