<UR団地集約>

UR館ケ丘団地では<団地再生集約事業>が実施中です。対象地区の住民から多くの不満や希望が出ています。

<最後にした・・>

手帳の裏表紙から抜粋・・
●  歳をとるってことは素敵なことです・ 
●  <老ける>のではなくゆっくり<熟していく>と考える・
●  生涯現役で働く気持が大切・・
●  辞める時の理想は静かに引退・
●  老兵は未練を残さず静かに消え去る・・


超強気の小生も・・限界が見えてきた・・
左眼は半失明~右耳は難聴で聴こえない・・
体重も激減で危険領域・・難問もいくつか抱え・
・周囲からの重圧・・ストレス過剰で不眠症・・ギブアップ・・


知人達とも相談し、熟慮を重ね・・苦渋の決断をした。
トップに、最後の手紙を出して心境を伝えた・・
後は専門家に委ねて休養することにした・・


夕方、ホームDRで診察・検査・・顔なじみの看護婦さんが・・
11年の<インターフェロン>の治療で週3回・6ヶ月通院したので顔なじみ・・通院する度に親身になって心配して励ましてくれる・


その後どうしたの・・そんなに痩せて・・頑張りすぎると壊れちゃうから・
休みなさいよ・・応援団が沢山いるじゃない・・


とりあえず終わりにして・後は応援団に任せた・・と答えたら安心してくれた。


近所の方も、通院しているので小生の動向~情報が、入っているらしい・・


一区切りついて気軽になったので今夜からは熟睡できそうだ・・


<分相応>・・年寄りの冷や水と揶揄されないように・・気をつけないと